幕末維新の群像

幕末維新の群像  西郷隆盛は文政10(1827)年、薩摩藩士の西郷吉兵衛の長男として下加冶屋町(したかじやまち)で誕生。西郷が藩に提出した愛農思想「国の根本は農民である」の建白書が藩主・島津斉彬(なりあきら)の目にとまり、安政元年(1854)、藩主に目通りが許される庭方役に抜擢され、水戸藩士の藤田東湖(とうこ)、福井藩士の橋本左内らと交流を深めました。
 斉彬の急死後、失脚し2度の遠島の憂き目に合いながらも、元治元年(1864)召還され、禁門の変で活躍しました。慶応2(1866)年、坂本龍馬立会いの下で長州藩の木戸孝允と「薩長同盟」を締結。翌年、徳川慶喜が大政奉還を行うと王政復古のクーデターを敢行しました。慶応4(1868)年の戊辰戦争では東征大総督府参謀として、勝海舟との会談で江戸城の無血開城を実現します。
 維新後、参議、陸軍大将等に就任しますが、明治6(1873)年、西郷が主張する「征韓論」が新政府に退けられると辞表を提出し鹿児島に戻りました。明治10(1877)年、西南戦争で敗れ自決します。享年51歳。墓所は鹿児島市の南洲墓地。