幕末維新の群像

幕末維新の群像  坂本龍馬は天保6(1835)年、土佐藩郷士坂本八平の次男として誕生。幼いころは泣き虫とからかわれるなどの逸話が残っています。嘉永6(1853)年、江戸の北辰一刀流千葉定吉道場に入門すると、めきめき上達し塾頭に押されました。
 文久元年(1861)、土佐藩の武市半平太が結成した「土佐勤王党」に名を連ねますが、意見の相違からか突如、土佐を脱藩。江戸で勝海舟と出会い、海舟の私塾(神戸海軍塾)の塾頭となりました。
 慶応元年(1865)、長崎に貿易結社「亀山社中」を設立するとともに、薩摩藩、長州藩の和解を推進し、慶応2(1866)年、「薩長同盟」の締結に尽力しました。
 慶応3(1867)年、土佐藩船「夕顔」の船内で、大政奉還論の集大成ともいえる8項目からなる政治綱領を土佐藩士後藤象二郎に提示。後藤から進言を受けた土佐藩の山内容堂は、15代将軍徳川慶喜に大政奉還を建白。慶喜はこれを受入れ10月に大政奉還を表明しました。
 それからわずか1箇月後の11月15日に、京都の近江屋(河原町蛸薬師)で、土佐の盟友中岡慎太郎とともに暗殺されました。享年33歳。墓所は京都市東山区の京都霊山護国神社。