幕末維新の群像

幕末維新の群像  文政8(1824)年、周防国(山口県)鋳銭司の村医者に生まれ、後に大坂の緒方洪庵の適塾(てきじゅく)で蘭学を学び、塾頭を務めました。高野長英に代わる洋学者を探していた宇和島藩主伊達宗城(むねなり)に招かれ、兵書の翻訳・研究や軍艦建造の研究等に携わります。
 講武所教授として幕府に仕えたのち、長州藩兵学者雇となり大村は次第に頭角を現し、藩政の中枢として藩政改革を推進していきます。第二次幕長戦では、長州軍を指揮し事実上の勝利へと導きました。戊辰戦争でも新政府軍を指揮して軍功を重ね、兵部大輔に就任。新政府の軍制改革に取り組みました。
 明治2(1869)年、京都市で会談中に不平士族の凶刃に倒れ、大阪の病院に搬送され2カ月後に死亡。享年46歳。墓所は山口市鋳銭司。