幕末維新の群像

幕末維新の群像  松平容保は、天保6(1836)年、高須藩主松平義建(よしたつ)の六男として誕生。弘化3(1846)年、叔父の会津藩主容敬(かたたか)の養子に迎えられ、嘉永5年(1852)に藩主になりました。
 文久2(1862)年、幕府は、尊攘派の浪士たちによるテロが横行するなど混迷する京都の治安維持のために「京都守護職」を新設し、政事総裁職の松平春嶽(しゅんがく)らは、容保に就任を要請しました。容保は固辞し、容保の家臣らも強く反対しましたが、将軍家への忠誠を重んじる会津藩家訓に従い、最終的には就任を受諾し、12月に藩士約千人を率いて上洛しました。
 当時、京都では、会津藩の上洛を歓迎し、「会津肥後(あいづひご)様、京都守護職勤めます。内裏繁昌(だいりはんじょ)で公家安堵(くげあんど)、とこ世の中ようがんしょ」という歌が流行したと伝えられています。
 孝明天皇の信頼も厚く、武家としては極めて異例のこととして、文久3(1863)年に初めて参内した際には、孝明天皇の「緋の御衣」を、同年の八月十八日の政変では、容保の働きを賞揚する宸翰(天皇直筆の手紙)と、容保の働きに感謝の意を伝える御製(天皇の和歌)が下賜されました。
 慶応2(1866)年、孝明天皇が崩御されると倒幕派が台頭。慶応3(1867)年の大政奉還により京都守護職は廃止となります。慶応4(1868)年の鳥羽伏見の戦いで戊辰戦争に突入。薩摩・長州藩を中心とした新政府軍に対し、恭順が受け入れられなかった容保は、徹底抗戦を決意。奥羽越列藩同盟を結成しますが、会津での1ヶ月に及ぶ籠城戦の末、鶴ヶ城を開城しました。
 明治13(1880)年に日光東照宮宮司となり、明治26(1893)年に逝去、享年59歳。墓所は会津若松市東山町の松平家院内御廟。諡号・忠誠(まさね)霊神。