幕末維新の群像

幕末維新の群像  土方歳三は天保6(1835)年、武州多摩の農家の四男として誕生。
 武士になることが夢だった歳三は、家伝薬の「石田散薬(いしださんやく)」の行商をしながら、各地の剣術道場で他流試合を挑んで腕を磨きました。日野本郷の名主でもあった義兄の佐藤彦五郎が天然理心流に入門し自宅に剣術道場を開くと、江戸の道場から出稽古に訪れた近藤勇や沖田総司らと出会います。安政6(1859)年、天然理心流に正式に入門しました。
 文久3(1863)年、上洛する将軍徳川家茂の警護のために幕府が組織した浪士組に近藤らとともに加わります。同年結成された新選組では、副長に就き、池田屋事件などで数々の手柄を挙げました。
 慶応3(1867)年の大政奉還から王政復古の大号令を経て、慶応4(1868)年1月からの鳥羽伏見の戦いで敗れた後も、新政府軍と戦い続け、東北各地を転戦。旧幕府軍による函館政府では陸軍奉行並に就任します。明治2(1869)年の新政府軍の函館総攻撃の中で戦死しました。享年35歳。墓所は日野市の石田寺。