幕末維新の舞台

和歌山市

都市メイン写真

 和歌山市は、徳川御三家のひとつ、紀州藩55万5千石の城下町として栄え、悠々と流れる紀の川や和歌の浦・加太などの海岸美、豊かな緑を湛えた山々など恵まれた自然環境と万葉の時代からつながる歴史文化を兼ね備えたまちです。
 本市は、和歌山県の県都として政治、経済、文化の中心的な役割を担ってきました。また、関西国際空港まで約30分と「世界」に近い中核市でもあります。

都市メッセージ写真

和歌山市からのメッセージ

 和歌山市では、陸奥宗光や南方熊楠など市出身者又は市にゆかりの深い人物のうち、近代史、現代史上、顕著な功績があった偉人・先人を顕彰しています。2017年は、大政奉還から150年という節目の年であることに加え、南方熊楠生誕150年という年でもあり、当市においても関係イベント等開催予定となっておりますので、是非和歌山市にお越しください。

幕末維新の舞台

1. 和歌山市立博物館

 御三家紀州徳川家の城下町・和歌山の歴史や文化を知ることのできる博物館。常設展では、紀州徳川家や城下町和歌山、陸奥宗光に関する資料が展示されています。その他にも、天誅組の変、第二次長州征伐、新選組隊士・矢田賢之助に関する幕末の資料を所蔵し、特別展やコーナー展示などで公開しています。
和歌山市湊本町3-2

幕末維新の舞台 写真
2. 紀三井寺

 西国三十三所霊場の二番札所。桜の名所としても知られるこの寺の墓地には、坂本龍馬や中岡慎太郎の暗殺に関与したとされる京都見廻組・佐々木只三郎の墓があります。只三郎は鳥羽・伏見の戦いで銃撃され、敗走中に和歌山の紀三井寺で亡くなりました。墓碑は昭和50年会津若松市に移されましたが、紀三井寺にも墓碑が建てられています。
和歌山市紀三井寺1201

幕末維新の舞台 写真
3. 淡嶋神社

 病気回復や安産などを祈る女性の参拝者が多い神社。所狭しと並べられた多くの人形は必見です。境内では地元の新鮮な魚介類を味わうこともできます。文久3(1863)年、上洛した将軍・徳川家茂は、海防視察のため軍艦で友ヶ島へ訪れ、4月29日淡嶋神社の神主屋敷で休憩しました。紀州藩出身の家茂は、実父・徳川斉順の位牌を祀る寺院への参拝を希望しましたが、時間がなく参詣できず、泣く泣くこの地を後にしています。
和歌山市加太116

幕末維新の舞台 写真

見どころ(名所旧跡等)

見どころ写真

1. 和歌山城

 天正13(1585)年に紀州を平定した羽柴(豊臣)秀吉が弟の羽柴秀長に命じ築城させたのが始まりであり、また、後に城造りの名手といわれた藤堂高虎の最初期の城郭です。市街地の中心にある虎伏山にそびえ、姫路城、松山城と並んで、日本三大連立式平山城と称されています。
和歌山県和歌山市一番丁

見どころ写真

2. 和歌山マリーナシティ

 和歌山市の南部に位置し、万葉の歌人・山部赤人に愛された景勝の地、和歌浦湾、ここに景観との調和を図りながら建設された人工島で、テーマパーク「ポルトヨーロッパ」をはじめ、食通をうならせる「黒潮市場」、天然温泉「紀州黒潮温泉」、リゾートホテル「和歌山マリーナシティホテル」など多彩な施設が集まったリゾートアイランドです。
和歌山県和歌山市毛見1527番地

見どころ写真

3. 友ヶ島

 紀淡海峡に浮かぶ沖ノ島、地ノ島、虎島、神島を総称して「友ヶ島」といい、島内は自然の宝庫で様々な動植物が息づいています。歴史は古く、役行者の修験道にまつわる史跡や行場があり、また終戦まで軍事要塞として一般の人は立ち入ることができませんでした。現在は砲台跡が往事を偲ばせるスポットとなっています。
和歌山県和歌山市加太

幕末維新の舞台アイコン幕末維新の舞台

見どころアイコン見どころ

特産品

特産品写真

中華そば(和歌山ラーメン)

 和歌山のラーメンは、通常「中華そば」と呼ばれ、スープの特徴から、醤油系、豚骨醤油系、この2種類の範ちゅうには入らない新興勢力のラーメンの3パターンに分類され、全国で和歌山ラーメンといえば、豚骨醤油系を指すようです。

特産品写真

加太のマダイ

 紀淡海峡とその周辺海域は全国でも屈指のマダイの好漁場で、特に友ヶ島周辺の海域を主な漁場とする加太地区では、一本釣り漁法により釣り、全国でトップブランドとして取扱われています。

特産品写真

灰干さんま

 切腹の連想を嫌う武家慣習の名残で、頭を残し、背から開く「紀州開き」にした良質の脂の乗ったサンマを自然で無害の火山灰で乾燥させた干物で魚本来の旨みを凝縮しています。