幕末維新の舞台

千代田区

都市メイン写真

 千代田区は、江戸時代から日本の中心地として発展してきました。かつて大名屋敷や旗本屋敷が並び、江戸っ子気質の職人が住んでいたまちは、近代大都市に生まれ変わりました。江戸城の面影を今も残す皇居、国会議事堂や政府省庁が集積する霞が関・永田町、世界的なビジネス街として発展する丸の内・大手町、世界に知られる秋葉原の電気街、神保町の古書店街、小川町のスポーツ店街など、さまざまな表情をもっています。「都心の魅力にあふれ、歴史と伝統が息づくまち」千代田区にぜひお越しください。

千代田区からのメッセージ

 千代田区は、エネルギーや食糧など、経済活動、生活全般にわたって地方に支えられて成り立っており、「地方との連携」の取組みは、区の基本計画である「ちよだみらいプロジェクト」にも重要な視点として位置付けています。現在、姉妹都市との交流事業や、農商工連携事業の構築など、区の集客・情報発信力を活用して全国市町村等との連携を図っています。本プロジェクトを通じて、参画自治体と観光・文化における都市間連携を強め、さらなる地方との共存・共栄を目指していきます。

幕末維新の舞台

1. ニコライ堂

 安政4(1857)年8月4日、坂本龍馬と親しい澤辺琢磨(さわべたくま)(龍馬の父と琢磨の祖父が兄弟)が酒に酔い、金時計の盗難事件を起こします。龍馬は、武市瑞山と事件を収束、切腹覚悟の琢磨を逃亡させました。函館に逃れた琢磨は、日本人初のロシア正教布教の洗礼を受け、晩年は、神田駿河台のニコライ堂建立にも尽力しました。(人文社『坂本龍馬地図帳』より)
千代田区神田駿河台4-1-3

幕末維新の舞台 写真
2. 土佐藩上屋敷跡

 土佐藩主・山内容堂(江戸では土佐藩上屋敷在住)は、後藤象二郎を通じて、坂本龍馬が書いた「船中八策」の意見を受け入れ、政権を朝廷に返すよう大政奉還の建白書を幕府に提出。15代将軍徳川慶喜(よしのぶ)はこの勧めを受けて、1867年、大政奉還を朝廷に申し出ました。屋敷跡は、明治27(1894)年に東京府庁舎となり、平成3年、新宿区の移転まで東京都庁でした。
千代田区丸の内3-5-1 現在の東京国際フォーラム

幕末維新の舞台 写真
3. 外桜田門

 万延元年(1858)、幕府大老・井伊直弼らは、朝廷の許しを得ずに日米修好通商条約に調印、また徳川家茂を将軍の跡継ぎとしました。吉田松陰らが処刑された「安政の大獄」は、井伊直弼が、これらの諸策に反対する者たちを弾圧した事件です。井伊直弼は、安政7(1860)年、水戸藩浪士らによって桜田門外で暗殺(桜田門外の変)されました。
千代田区皇居外苑1

幕末維新の舞台 写真

見どころ(名所旧跡等)

見どころ写真

1. 皇居外苑

 外苑周辺には、祝田、宝田、千代田の3村があったと言われています。江戸時代には、西の丸下などと呼ばれ、有力譜代大名や老中・若年寄といった幕閣を担う大名の屋敷跡があり、明治維新後は官衛や兵営として利用されました。昭和14年から18年にかけて現在の姿に整備され、黒松の点在する大芝生広場と江戸城のたたずまいを残す濠、城門などの歴史的建造物とが調和し、わが国を代表する公園として親しまれています。
千代田区皇居外苑1

見どころ写真

2. 靖国神社

 明治維新でたおれた人々を弔慰するため、明治2(1869)年に東京招魂社(しょうこんしゃ)として建てられました。明治12(1879)年に靖国神社と改称され、以後の幾多の戦争での戦没者の霊が祀られています。境内の遊就館(ゆうしゅうかん)は、明治14(1881)年に開館した区内でも古い博物館で、奉納された武具・武器等を展示。本殿、拝殿、靖国会館、遊就館などの建物は、区の景観まちづくり重要物件に指定、春には、千鳥ケ淵と並んで桜の名所としても知られています。
千代田区九段北3-1-1

見どころ写真

3. 日枝神社

 日枝(ひえ)神社は山王(さんのう)様とも称され、祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)。文明10(1478)年、太田道灌(おおたどうかん)が川越から江戸城内に勧請したとされています。慶長18(1613)年に2代将軍秀忠が城外の元山王の地(隼町)に移しましたが、明暦3(1657)年の江戸大火で焼失、万治2(1659)年に現在地に遷座しました。将軍家の産土神(うぶすなかみ)として崇敬が厚く、山王祭は神田神社と並び天下祭と呼ばれ、隔年で実施の神幸祭は江戸城内に入り将軍の拝謁を受けました。境内の山王稲荷神社本殿は、万治2年造営とされ、江戸初期の貴重な建物です。
千代田区皇居外苑1

見どころ写真

4. 千代田区立日比谷図書文化館

 「千代田に見る都市の成立と展開」を総合テーマに、環境・人間・都市を基本軸として、旧石器時代から現代までの千代田の歴史を5つのテーマに分けて紹介しています。
【常設展示のご案内】
 ①発掘された暮らしと環境 
 ②日比谷入江と中世千代田 
 ③将軍の城づくり 
 ④江戸から東京へ 
 ⑤まちの歴史
東京都千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)

幕末維新の舞台アイコン幕末維新の舞台

見どころアイコン見どころ